糖尿病|もっとも大切にしていること

もっとも大切にしていること | 主な診療のながれ | 食事カウンセリング | 料理教室 | 運動カウンセリング | 運動教室 |
まぶしか♪じぶんみがきグランプリ

 それはポリシーであり、  専門家としての決意でもある。

「病気を治すためだけ」ではなく、
「より健康で元気になるために」。

二田哲博クリニックは、患者さんが健康で幸せな一生を送ることをもっとも大切にしています。そのためには糖尿病を厳格にコントロールして合併症をおこさないこと、ひいては今よりも健康な身体になることを目指しています。

たとえば「糖尿病だから失明した。」「糖尿病だから透析になった。」「糖尿病だから心筋梗塞や脳梗塞をおこした。」ということをよく聞きますが、そうではなく、「糖尿病のコントロールが悪いから失明した。」「糖尿病のコントロールが悪いから透析になった。」「糖尿病のコントロールが悪いから心筋梗塞や脳梗塞をおこした。」のです。

糖尿病の合併症である脳梗塞や心筋梗塞などの動脈硬化性疾患は、実は糖尿病が発症する前の糖尿病予備群の時期(「糖尿病のケがある」といわれる時期)からすでに進行しています。ですから糖尿病と診断されたら、まずは全身の合併症の検査をきちんとおこない、血糖・脂質・血圧を厳格にコントロールすることが大切です。

合併症はある程度まで進んでしまうと、たとえ糖尿病専門医であっても進行をくい止めることはできず、失明や透析に至るまでの日数を伸ばす程度の治療しかできません。二田哲博クリニックでは糖尿病の治療と並行して、合併症の検査を定期的におこない、合併症が起こる危険性が見つかれば、合併症の種類に応じた的確な治療をおこなっていきます。

糖尿病治療においてもっとも大切なことは、治療を中断しないことです。
私たちが日々たくさんの糖尿病患者さんと接していて感じることは、積極的に治療を行っている患者さんほど、健康で元気なこと。健康で元気な方を「患者さん」と呼ぶのはおかしな話ですが、糖尿病になったことを「きっかけ」にして、今までの食生活を見直し、身体を動かし始めた患者さんは、糖尿病になる前よりずっと健康で元気に日々を送っています。

そんな方達を見ていると、私たちは糖尿病そのものを取り除くことはできないとしても、ひとりひとりに向き合い、その人の健康を守っていくことはできるはずだと思えます。

病気や治療への考え方、そして捉え方を変えるだけで、マイナスをプラスに変えることができるのです。糖尿病治療は「病気を治すために」ではなく、「より健康で元気になるために」。私たちはその信念をもって治療に取り組んでいます。

もっとも大切にしていること | 主な診療のながれ | 食事カウンセリング | 料理教室 | 運動カウンセリング | 運動教室 |
まぶしか♪じぶんみがきグランプリ

糖尿病|もっとも大切にしていること

関連した記事

[糖尿病]合併症がおきないようにしっかりと治療していけば、決して怖い病気ではありません。[甲状腺]めずらしい病気ではありません。しかし、発見しにくい病気です。[姪浜]海も近く、緑の多い。福岡中心部に近い人気の住宅地。市営地下鉄 姪浜(めいのはま)の駅のすぐそばにあります。[天神]福岡・天神北、「紳士服のフタタ」本社ビル7階。仕事と生活と文化の中心地にあります。カラダみがきプロジェクト

ご予約/お問い合わせご質問や不安なことがあればおたずねください。

092-738-1230天神(代表)

診察日の9:00~13:00 15:00~17:30

ques@futata-cl.jpお返事に時間を頂いてます。

携帯電話からメールでお問い合わせいただく場合のご注意。

二田哲博クリニック 姪浜 ホーム

理事長あいさつ
特色
専門医と指導医について
資格について
カラダみがきプロジェクト
紹介リーフレットダウンロード
糖尿病
甲状腺の病気
内科
セカンドオピニオン
姪浜
天神
ドクター
スタッフ
初めて受診される方
再診いただく方
お問い合わせ
よく患者さんから
ご質問いただくこと
知りたいことから探す
「逆引きインデックス」
臨時休診
お知らせ
採用情報
リンク
ポリシー
アクセス
診療受付時間
サイトマップ

先頭へ